ブログ2017年5月

“ロウ引きダンボール”混入増加中!混入防止にご協力下さい!2017.05.24(Wed)

<ロウ引きダンボールの混入増加中!混入防止にご協力下さい!> ロウ引きダンボールとは、ダンボールの表面をワックスで覆って防水加工したものです。 このロウ引きダンボールを、他の古紙と同様にダンボールの原料に使用してしまうと、これら古紙を原料として出来上がってくる製品の表面に「油じみ」が出てしまうため、製品としては全く売りものにならず、非常に重大な損害をもたらします。 このことは製紙メーカー様と共に、製紙原料を供給する側にある我々にとっても大きな損害になることは言うまでもありません。 ロウ引きダンボールを見分ける方法ですが、最もわかりやすいのは”色の違い”です。 先ずは色の違いをご覧ください。 【ロウ引きダンボール】 【普通のダンボール】 ロウ引きダンボールは、表面にワックスが塗られている為、 そうではない普通のダンボールに比べて明らかに色が違います。 普通のダンボールが「明るいキツネ色」であるのに対し、ロウ引きダンボールは「こげ茶色」で、いかにも油を吸わせたような色をしています。 また、輸入生鮮食品に使われているケースが多いこ……

続きを読む