スタッフブログ

カスミ様主催 第8回植樹祭!!2018.05.25(Fri)

 

皆様こんにちは。
平素よりホームページをご利用くださり、誠にありがとうございます。

この度は5月12日(土)に開催されました、株式会社カスミ様主催の『植樹祭』に参加させていただきました。

環境・地域貢献活動にとても力を入れているカスミ様は、
2011年に創立50周年の記念事業の一環として「カスミ共感創造の森」を開始されました。

今回で8回目となる植樹運動について、ご紹介いたします。

開会式の様子

植樹祭に初めて参加させていただいたのですが、まず規模の大きさに驚きました。
カスミ様の新入社員約175名の他に、ガールスカウト・ボーイスカウトの皆さま、市役所の職員の方々、
一般の方々など全体で557名の参加者が集まったそうです。

年々、参加人数が増えているようで、地域の方々の環境に対する意識が高まってきているように感じました。

開式を終え、植樹を行うために愛宕山の山中を進んでいきます。
今回の植樹はエゴノキやウメモドキなど計15種類、約3000本を植樹します。
私たち8班の植樹場所は奥まったところにあり、道中の傾斜がとても急で慣れない山道になんどか転んでしまいそうになりました。

開会式の際に森林インストラクターの方より植樹方法について説明を受け、
また8班の担当インストラクターの方々からも植樹をする上での注意点を教えていただきました。

植樹の様子

木を植える際に掘った穴に枯れ葉が入ってしまうと木が元気に育たないそうなので、枯れ葉が入らないように植樹をしました。
また、植え終えた後には乾いてしまわないように、今度は枯れ葉で土を覆ってあげると良いそうです。

斎藤英次商店の参加者は5人で、2人と3人の2チームに分かれ、植樹を行いました。
急斜面の上でクワを使用しての作業は思っていた以上に大変で、バランスを崩してしまうこともありましたが、
すべらかな山肌に木が少しずつ植えられていくのを見るのはとても楽しく、充実感がありました。

植樹を終えて

経験者の方が多かったお陰で、例年よりも早く植樹が終わったそうです。
体感にして10分ほどでした。植樹を終えた後は木の板に寄せ書きもさせていただきました。

今回の植樹祭に参加したことで、環境保全の大変さと大切さを知ることができました。
このような活動を開催してくださったカスミ様にこの場をお借りして感謝申し上げます。

これからも継続して環境貢献活動に取り組んでいきたいと思いますので、何卒、よろしくお願い申し上げます。

リンク:株式会社カスミ様 「カスミ共感創造の森」