スタッフブログ

“ロウ引きダンボール”混入増加中!混入防止にご協力下さい!2017.05.24(Wed)

<ロウ引きダンボールの混入増加中!混入防止にご協力下さい!>

ロウ引きダンボールとは、ダンボールの表面をワックスで覆って防水加工したものです。
このロウ引きダンボールを、他の古紙と同様にダンボールの原料に使用してしまうと、これら古紙を原料として出来上がってくる製品の表面に「油じみ」が出てしまうため、製品としては全く売りものにならず、非常に重大な損害をもたらします。
このことは製紙メーカー様と共に、製紙原料を供給する側にある我々にとっても大きな損害になることは言うまでもありません。

ロウ引きダンボールを見分ける方法ですが、最もわかりやすいのは”色の違い”です。

先ずは色の違いをご覧ください。

【ロウ引きダンボール】


【普通のダンボール】


ロウ引きダンボールは、表面にワックスが塗られている為、
そうではない普通のダンボールに比べて明らかに色が違います。

普通のダンボールが「明るいキツネ色」であるのに対し、ロウ引きダンボールは「こげ茶色」で、いかにも油を吸わせたような色をしています。

また、輸入生鮮食品に使われているケースが多いことをから、
ダンボール箱の表面に英文が印刷されていることも判断材料になります。

ロウ引きダンボールは、主に以下のような製品に使用されています。

【輸入果物】ブドウ、オレンジ・レモン・シトラス等の柑橘系など
【輸入野菜】ブロッコリー、セロリ、ニンジンなど
【輸入水産物】カニ、エビ、貝類など

このように大量のダンボールの中に紛れていても、比較的容易に見つけ出すことができる特徴を持っています。私たちは製紙原料として古紙を供給している立場として、ダンボール回収時、受入れ時、
プレスされた後、製紙メーカー様への搬出時において、見逃さないよう充分注意し、全力でこのロウ引きダンボールの混入防止に努めなければなりません。

ここ1ヵ月の間で、各製紙メーカー様から発表されているロウ引きダンボールによる製品被害の事例を拝見しますと、輸入ブドウのダンボールによるものがかなり多いようです。特にオーストラリア産ブドウに使われているダンボールは、ワックスの中にどっぷり漬ける方式をとっているため、ワックスの付着量が特に多く、製品トラブルを引き起こす影響力も強いと警戒されています。

このオーストラリア産ブドウの収穫期が1月~6月であるため、貿易商社を通じて輸入され、国内に出回るのが2月~7月頃になります。その流れで事業系古紙に混入してくる可能性が1年で最も高いのが、まさに”今の季節”なのです。

あらためてこれらのことを再認識し、圧縮梱包機に混入させないことは言うまでもなく、関係企業様にも他のリサイクル古紙への混入防止を繰り返しお願いしていきたいと思います。

『この記事をご覧になっている、古紙回収業の皆様、水産加工業の皆様、青果業の皆様、スーパーご勤務の皆様、ロウ引きダンボールの混入防止に、引き続きのご協力を宜しくお願い致します。』